ディスポーザーのメリット

ディスポーザーは1927年に主婦の『嫌な生ゴミを何とかしたい!』という要望の元に、米国で発明された家電製品になります。生ゴミを出たその場で処理できる高い利便性から、すでに米国では洗濯機・掃除機・食洗機とともに一般普及しています。 キッチン排水口のすぐ下に設置(排水栓と交換)され、生ゴミを水道水と共にコナゴナに粉砕、排水管に排出する生ゴミ処理粉砕機になります。 生ゴミを発生毎に手軽に処理できるため、清潔で、いやな匂いも発生しません。

OurTown,OurFuture

ディスポーザーのメカニズム

処理能力

標準的なディスポーザーは三角コーナー満杯の生ゴミを~60秒程度で高速処理します。

処理原理

高速回転するターンテーブル(回転盤)により、生ゴミを遠心力で壁面グラインドリング(壁面の固定刃)に叩きつけます。更に回転式のスイングハンマーが生ゴミを壁面で細かくすり潰し、排水エルボーから排水管に排出していきます。 排出された生ゴミは合併処理浄化槽や汚水処理施設にて糞尿と共に処理されます。 有機物(食品)をお腹で処理して水栓トイレで流すか、ディスポーザーで処理するかの違いになり同じ経路をたどって処理されます。

ディスポーザーのメカニズム

ディスポーザー粉砕の仕組み

高速回転する【①ターンテーブル(回転盤)】により、【②生ごみ】を遠心力で壁面【③グラインドリング(壁面の固定刃)】に叩きつけ、 グラインドリングと【④スイングハンマー】で挟み撃ちにして細かく擦り潰し、粉砕された生ゴミは【⑤排水口】をすり抜け、水道水とともに本体エルボーパイプから排出します。 スイングハンマーは粉砕しきれてない【②生ごみや骨】でディスポーザーがロック(噛み込みで動かない)しないように回転式で負荷がかかる場合はスルーします。

ディスポーザー粉砕の仕組み

ランニングコスト


電気代・・・省エネタイプのディスポーザーで年間の電気代金は大体100円程度になります。
水道代・・・水道使用量は水洗トイレの使用水量の誤差程度です。頻繁に使う家庭でも3~5%程度の水量増加範囲内です。


ディスポーザーの耐久性


ディスポーザー粉砕の仕組み
世界規格基準品質は使用方法により20年以上使用できる場合もありますが安全性の観点からモーター製品の長期使用は火災の原因になりかねませんので適度な時期での交換をお勧めします。

        *使用環境や使用者により大きく耐久に差がでますが、漂白剤など化学薬品の排水後に洗浄をしないとディスポーザーにダメージを与えます。

メンテナンス

日本エスコでお取り扱いしているディスポーザーは定期的な交換部品や消耗パーツはありません。
また処理室を洗浄する自浄作用があり定期メンテナンスや洗浄、パーツの交換は不要です。



流せるもの・流せないもの


粉砕され排出された生ゴミは合併処理浄化槽や汚水処理施設にて糞尿と共に処理されます

ディスポーザーの設置

既存の排水栓をディスポーザーと交換します。1時間半程度の設置時間です。

移設(お引越し)

引越、原状回復も可能です。
引出し式のキッチンがディスポーザーと接触する場合は加工が必要になります。各キッチン・メーカーはディスポーザー対応キッチンも扱っていますので、新築・リフォームの場合は事前にご相談してください。賃貸集合住宅での移設(引越)も可能です。

取付け前
取付け後


ディスポーザーの利便性

一般家庭

汲取りトイレから水洗トイレに変更したと想像してください。

毎日出る生ゴミを発生源で分別処理でき腐敗物、生ゴミ臭、ゴキブリ、小バエ、ネズミ等の害虫の発生を抑制します。三角コーナーが不必要になりシンクが広々使用できます。発生ゴミは缶、瓶、紙くずと悪臭の原因である腐敗物が無くなり毎回ゴミ出しに行く必要がなくなります。

家庭から出るゴミの約半分は生ゴミ。生ゴミの70%以上が水分といわれています。重くて臭いのある生ゴミに関連する労働が無くなり高齢者、家事労働者、単身者の労働負担が大幅に軽減されます。

一般家庭


集合住宅及び地域一括設置

地域から生ゴミという腐敗物が消滅する事によりネズミ、カラス等の餌が無くなります。臭いやゴミの管理が楽になり街がいきいきしてきます。伝染病(※1)やカラス、悪臭対策になるだけでなく分別収集や処理に関する経費のコスト削減につながります。もし東京23区にディスポーザーを全設置すればゴミ回収車両が半分に減ります。

(※1)米国ではネズミを媒体とするポリオ対策としてディスポーザーの設置義務付けを法制化し自治体が後押した側面もあります。

集合住宅及び地域一括設置


飲食店及びに商業施設等

業務用ディスポーザーでは飲食店や商業施設で利用する事によりゴミ処理費用の大幅なコスト削減だけでなく腐敗臭による客離れ、アルバイト離職の防止、腐敗物の運搬が無くなり発生毎に処理することにより接触の防止、食中毒の予防ができます。




飲食店及びに商業施設等


環境・下水管・下水処理場への影響

1999年に農水省が、2000年に国土交通省がディスポーザーの大規模社会実験を数年間行いました。社会実験の結果、海外と同様に下水管・下水処理施設・環境負荷への影響はありませんでした。環境負荷の低減・行政コストの削減可能な事が確認されてから、高齢化や環境問題の取り組みに積極的な自治体ではすでにディスポーザーを導入、または導入のための検討がされています。さらに、ディスポーザー標準装備の集合住宅ではその利便性から支持率が高く、住宅リフォームや賃貸住宅に入居の際にディスポーザー設置の検討をされる方も増えています。実際に使用した場合の顧客満足度は住宅設備の中で最も高い評価を得ているのがディスポーザーです。

環境・下水管・下水処理場への影響