Google
WWWを検索 サイト内検索
トップページ > 使用法・メンテナンス

使用法・メンテナンス

ディスポーザー噛み込み解除(Tレンチ使用)

ディスポーザーに何か噛みこんだ場合、モーターのうなる音はするが作動しない場合は
ディスポーザー用Tレンチを使用し下記手順を参考に作業を行ってください。

1
安全の為はじめに本体のコンセントを外してください。
リセットボタン解除方法イメージ1
2
異物が噛み込んでないか目視で確認します。
異物が確認できたら長い箸等で異物を取り除いてください。
ディスポーザー噛み込み解除イメージ2
3
異物が確認できない場合、除去できない場合はTレンチを回転盤(ターンテーブル)に引掛けてください。左右両方に動かして、回転盤を強制的に回します。
(回転盤が動かなくても力をかけた事がきっかけで電源スイッチを入れると作動する場合があります)

回転盤が左右に動く様になりましたら、作業完了です。
ディスポーザー噛み込み解除イメージ3ディスポーザー噛み込み解除イメージ4
4
Tレンチがない場合はほうきの柄のような長い棒を利用して[3]を行ってください。
ディスポーザー噛み込み解除イメージ5
5
本機のコンセントを入れて、動作確認を行ってください。
 
6
[5]の作業を行っても、動かない様であれば、リセットボタンの位置を確認して押してください。
※コイン等、異物が強固に噛み込んでいる場合は販売店にご相談ください
ディスポーザー噛み込み解除イメージ6
噛み込みが解除されない場合はメンテナンスを依頼してください。
注意:故障の原因になりますので過剰な力を本機にかけないよう作業をしてください。

ディスポーザ設置診断はこちら

最近、ディスポーザーの設置は非常に簡単なので自分で設置する事を薦めているサイト販売業者が目立ちはじめてます。
また研修もマニュアルも無く独学で設置を試みる業者様も増えておりその結果、施工不良が起因のトラブル解除依頼も当社にきます。
このようなトラブルを未然に防止するために設備業者様または個人様向けに「ディスポーザの設置診断」を無償で行っています。
写真を基に見える範囲で最低限度のアドバイスをさせていただきます。
無償で実施しますのでサービスレベルに至らない点がありました場合はご了承ください。
診断を受けたい方は下記内容でメールにてご連絡ください。

ディスポーザーの修理・故障対応 全国対応いたします! フリーダイヤル0120-101539 お気軽にお電話ください! お問い合わせはこちらから!
このページのトップへ